次のページ


               su

                     猛暑日の右脳左脳にスの入り


               今年は例年にない猛暑、かと思えば豪雨、ここは

              豪雨と言っても床上浸水などの経験はない。

              森田さんが居られた頃は、台風や豪雨の後は、空き

              家にしてある只見(南会津)の事が気になって、収ま

              ってから、出掛けられた様だ。

              畳を上げたり、布団を干したり、大変だったらしい。

              この辺りは大きな側溝が通っていて東山からずっと

              坂道になっている所為か(下町の方は如何か?)
       
              側溝を凄い量の水が流れて行く。

              災害の報道がある度この程度で済んでいるのは有

              り難い事だと思う。

              今日は暫らくぶりの運動、気分的にスッキリした。


                
スポンサーサイト

【2017/08/01 20:19】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
抹茶アズキ

             hitori

                     雨はしとしとワインバーにはまだ一人


               最近、暑い日が続いている所為か、先日胃カメラでの検査をして以来

             鼻や喉の調子が悪い。 友人には夏風邪だと思うよと、よく言われる。

             風にしては熱も出ないし、咳も出ない。逸れに大分日数も経っているの

             に、ぱっとしない。

             今日は何年か振りで、喫茶店 蔵 へ。日野氏、青山さん、磐梯町と私

             二階の席に着いたけど、やっぱり二階の席は暑い。

             四人同じく抹茶アヅキで涼んで来た。




【2017/07/27 21:00】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |


                 nosutaruji-


               最近家のことがとても気にかかる。

              今までちょこちょこ家を直してそれで満足していたけど

             彼方此方少しづつ直していると意外に高くついている様

             な気がするし、お金だけかかってさっぱり見栄えがしない。

             今回の補修をきちんとやってもう手を加えないことにしよ

             うと思う。屋根はもちろん、畳は全部新しくする心算だ。

             年齢的な事も考えた。 この家も私の代で終わりだと思う

             と何年か後は当然売り家になるが、果たして買ってくれる

             人が居るかどうかが問題だ。

             すぱっと結論を出すのは難しいが、直す事にはした。

             どの程度までにするかが課題だ。






【2017/07/27 20:53】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
つんつん
             akai

                       憎いにくいと囚われている君のこと

             好きな句気になる句

                   追憶の底で鳴ってる馬の鈴       寄生木

                   さみしい人ばかりが並ぶ五番線     あずさ

                   几帳面ポキッと折れて冬銀河      誠 子

                   流れ星だった一夜の夢だった      美 都

                   つんつんと蕾つんつん指の先      美 都

                   てのひらをひらくとさくらんぼが一個  省 梧

                                          北貌 81号より  
  
 


【2017/07/23 19:15】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
想い出


             みちのり

                今日は40年近くもお付き合いして頂いた友Fさんの告別式だった。
               婦人の会はもとより市の役、町内の役と色々とこなしてきた彼女だ
               流石に参列者が驚くほど多かった。
               お世話になったと言う方が多いのも、彼女ならでは思い遣りからだ。

               私も未だ若い頃、あまり丈夫ではなかった。
               大丈夫、具合が悪くなったら、負ぶってでも連れて帰ってくるからと、
               北海道旅行へ誘ってくれた。
               不安が大きかったけれど、最初に行った富良野のラベンダー畑に
               立った時は、スーッと一気に負の気持ちも消えていた。
               皆でラベンダー畑で記念の写真を撮ってきた。

               それが切っ掛けとなって、外国でも何処へでも旅行出来るようにな
               った、、、、。

               何度も行った京都ではあるが、燃えるような紅葉の下で満面の笑
               みを浮かべて写っていた写真をしばし眺めていた。


                
【2017/07/12 21:26】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

 艸 花3

Author: 艸 花3
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


| ホーム | 次ページ>>